70’

c0144868_2234466.jpg


私の生まれた70’あたり、このようなポップだったりサイケな時計が流行ったんだよ★
と、とある店のご主人が言っていた(^-^)

この画像の時計はTIMEXのモノ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

『TIMEX』とは・・・

アメリカに実質的な企業として残るほぼ唯一の時計メーカーとして知られ、
主に低価格な腕時計を製造している。

1854年、「ウォーターベリー・クロック・カンパニー」としてコネティカット州で創業。
1933年には世界初の「ミッキーマウス・ウォッチ」を発売。
この間に、スイスを発祥とする時計メーカーのブランド名であったタイメックス(TIMEX)を買収。

戦後は単なる大衆時計に留まらない、丈夫で信頼性の高い実用腕時計という販売戦略を採り、
当時の先端技術であった電池式腕時計も発売。
アメリカの高級時計メーカー各社が続々と実質的消滅に追い込まれてブランド売却に至る中で、
大衆時計メーカーとしての地力を活かし、アメリカ資本の独立メーカーとして生き残った。
1969年には社名もブランド名の「タイメックス」(TIMEX)に変更。翌年には日本に進出した。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::だそうだ(^-^)

確かに。
この時計、作りがワンピース。(裏蓋が無く、ケース部分と裏蓋部分が一体化している。)

裏に小さなぼっちが付いていて、そこを押すことで、巻針が抜けるようだ。
修理の時は、巻針を抜いてじゃないと中身の機械が取りだせないので、この時計の場合は
風防も外して表側から内部を取り出す仕組みになっているってことだな。

細かいことはさておき、
このように、お値段の高い裏蓋を無くすことで、
少しでも低価格で提供しようとした、かつポップな時計が流行った時代とは、
大衆の間でも広くお洒落を楽しんだ時代でもあったんだろな~と想像出来る(^-^)

そしてバンド部分も、現代のモノと比較すると明らかに短い。
日本人、今よりもだいぶ小柄というか、華奢だったに違いない。


こんな感じなのに、リューズを触ってみると・・・
ジジジジ。ジジジジ。
なんと手巻きじゃないか!!!このコ!!!

数十年倉庫に眠っていたようなので、未使用だけどちょっとメンテが必要みたい(^-^)

この他にもこれに似たデザインのが2本あって、
ご主人が青い時計を差し出して下さったのだが・・・

あの・・・あの・・・こっちの方が良いー❤
(初対面にして図々しさ炸裂っっっ。素直に本音を言ってしまう。。。^^;)

あ?こっちがいいの?
じゃあ、これあげるよ(^-^)と。

レトロで可愛い。
私の車とも合う(笑)

この時計は、素敵なご夫婦との出会いの記念として
私の元に置こうと思いますm(__)m
[PR]

by handcraft-ann | 2010-10-06 03:03 | watch  

<< 蔵。 ボーボー。 >>