いただきますのまえに・・・

c0144868_245252.jpg

【五観の偈(ごかんのげ)】というモノを教わりました。

一には功の多少を計(はか)り彼(か)の来処(らいしょ)を量(はか)る。

二には己が徳行(とくぎょう)の全欠を[と]忖(はか)つて供(く)に応(おう)ず。

三には心を防ぎ過(とが)を離るることは貪等(とんとう)を宗(しゅう)とす。

四には正に良薬を事とすることは形枯(ぎょうこ)を療(りょう)ぜんが為なり。

五には成道(じょうどう)の為の故に今此(いまこ)の食(じき)を受く。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<意味>

1:今、目の前にある食事が出来上るまでの手数を思い、
その食材が如何にして自分の前に出されたかの経路を思え、という訓。
食材となった他のいのちの犠牲の上に人間の命が成立していることを理解し感謝しよう。

2:大事な食物を戴くだけの資格が自分にあるだろうかという反省をする。
自分の行いがどれだけ人のお役に立っているかな。

3:貧瞋痴(とんじんち)の三毒をはじめとする心の過ちを離れて、
心を正しく保つことが大切だ。
人は美味しいものはもっと食べたいと貪りを起し(貧)、
味がないものには腹を立てていかり(瞋)、
正しい食事の仕方を知らないので(痴)病気になったりするだろう。

4:これからいただく食事は、正しい健康を保つための良薬と思っていただきましょう。
飢えや渇きをいやし、肉体が枯れるのを防ぐことが目的。

5:仕事や勉強・目標を成し遂げるの為に、身を養うこの食事をいただきます。
道を成し遂げるための食事であって、食事も大事な修行の一環だということ。

こういった内容。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よく子供に
“好き嫌いしちゃだめですよ”“残しちゃだめですよ”と言うのは、
こういうコトなんだろな~と思います。

私の場合はこの5つ目がとても響きます。
幼い頃からよく祖母に“働かざる者、食うべからず”と聞かされてきたからでしょう(^-^;)

成し遂げる為にいただく、そしてまた頑張ったから食べ物を口にすることが出来る。
この5つ目は上記の幾つかを含んだモノにも思えました。

元気にしていられる源は、やはり食事なのだな。


ブッダがスジャータさんの作る乳粥を食べて励んだように
正しく食べて頑張るのだ(^-^)
それ以上に私は時間を作って運動もせねば(*_*)
[PR]

by handcraft-ann | 2011-05-10 02:46 | 日常 | Comments(0)  

<< 小台湾 1週間。 >>