見学ツアー【1】

c0144868_115178.jpg

スイスにはスイスの良さがある。
日本には日本の良さがある。

腕時計は(英:Watch/仏:Montre)
【Watch】→見る、【Montre】→見せる

そうなんだ。
自分のお気に入り時計は、見たいし見せたいモノなのだ(^-^)♪

時計など無いその昔、
手のひらを見て、3本の線が見え始めたら
明け六つ(昔の時刻名:午前6時頃)、消えてきた頃が暮れ六つ(午後6時頃)と
言われたとか。

なぜ“手”のひらで表わしたのか・・・
「時刻」は決まったモノだけど、「時間」は人それぞれ。
貴重な時間、素敵な時間を自分自身で掴むんだ、
そのようなことだったのかもしれない、とも言われる。

松本市というところは、
文化的価値を重んじるというか、意識が高い地域なのだな~と
改めて感じました。

【松本市時計博物館】のように、市営でやっているところは、全国でも珍しい。
昔のコレクターの時計を引き取って展示しているだけでなく、
時計修理師が毎日点検し、江戸時代あたりの時計が実際に動いている様子を
いつでも見れるようにしている。凄い!!!

“動かす”と“動かし続ける”というのは、
また全然違うコトで、とても大変なんだ、と思いました★

静岡から時計好き?談義好き?チームが来るということで
館長さん・時計修理師さんがスタンバイして下さっていたことも
大変嬉しかったデス(^-^)

写真:【松本市時計博物館】
[PR]

by handcraft-ann | 2011-11-14 11:10 | おでかけ | Comments(0)  

<< 見学ツアー【2】 お見舞い。 >>