【エクレールお菓子放浪記】♪

c0144868_16204784.jpg

c0144868_16213674.jpg

見逃していた映画です。
本日1日のみ、富士ロゼシアターで上映されました。
とても気になって観に行きました。

私は10時半からの第1回目の上映を観たのですが、
大ホールに子供からお年寄りまでいっぱいの人でした。

いっぱいの笑い、いっぱいの涙、
個人的に、もの凄く惹かれた作品でした。
本当に本当に観て良かった(^-^)!!!泣きすぎた。

昭和18年。主人公のアキオ少年は両親と死別、孤児となる。
そこから様々な出会いと別れを繰り返し、戦中・戦後を必死に生き抜く少年の姿を描いた作品。
戦争の時代、その厳しい現実の中へ放り出された孤児が、お菓子への憧れ(平和への憧れ)を
守り続けることを心の支えにして生き抜いて行く。

映画が終わると、舞台袖から、一人の帽子をかぶった男性が出てきました。
この映画の主人公のアキオ少年こと、原作者の西村滋さんでした(゜o゜)!!!
この作品は西村さんの自伝的作品であり、孤児であったことなどなど、実際のことなのでした。

映画の中で、アキオ少年が歌を歌うシーンがあるのですが、
現在87歳になられたアキオ少年が、もうあの頃のように歌えませんが(^-^;)と、
その歌を披露して下さいました。

庵、また号泣デス(*_*)
大ホール、大喝采でした。
夏に見逃して良かった(^-^;)こうして西村さんご本人とも会えて、
本当に良かった!!!!!!!!!

これからの子供たちに、お菓子のない時代をおしつけることがあってはならない、
との想いで書かれた作品。
アキオ少年の生きる姿を通して、命の尊さと平和のメッセージが込められています。

この映画の東京試写会の翌日、大震災が起きた。
そしてこの映画は東北、特に宮城県を中心にロケーションが行われました。
ロケ地の石巻市には特に大きな被害をもたらし、失われた建物なども多いと。
一日も早い復興を祈ります。

次は2012.3.30(1日のみ) 富士宮市民文化会館大ホールで上映されます(^-^)
オススメです♪

【エクレールお菓子放浪記】
http://www.eclair-okashi.com/
[PR]

by handcraft-ann | 2012-03-20 16:21 | おでかけ | Comments(0)  

<< 元気に。 ベビーリングを組み込んだ 革の... >>