カテゴリ:お山( 38 )

 

tsubakurodake【1】.

少し休みが取れまして
憧れの【燕岳(つばくろだけ)】へ行ってきました(´∀`)♪♪♪
その近くには、行ってみたい山小屋・行って良かった山小屋№1にも輝いた
【燕山荘(えんざんそう)】があり、いつか行ってみたいと思っていました(´∀`)♪♪♪
北アルプス3大急登のひとつです。

中房温泉に車を置いてスタート。
始めから急登です。ですので、途中にある【合戦小屋】までの写真は
撮る余裕もなかったです(´Д` )

【合戦小屋】と言えば、スイカ!!!
これを目指してみんな頑張って登ります!!!
ここまで4時間かかりました( ̄▽ ̄;)
スイカ休憩を1時間取ることにしました。
c0144868_20382154.jpg

c0144868_2039259.jpg

さてさて、まだまだ先は続きます。
しばらく行くと森林限界に達し、今回宿泊予定の【燕山荘】が見えてきました。
わぁー( ̄▽ ̄;)まだあんなに遠い。。。
c0144868_20474124.jpg

ここへ来て、急に雨が降り出した為、レインウェアに着替えました。蒸し暑い。。。
またしばらく歩き進めると雨が止み、またレインウェアをしまったり。なかなか大変(;´Д`A

そしてやっと着きました【燕山荘】(*´∀`)
休憩時間などを含み、ここまで6時間40分もかかりました。
チェックインをして、少し山小屋で休むことにしました。
c0144868_21141886.jpg

c0144868_20551524.jpg

とても綺麗で快適な山小屋です。丁寧に対応して下さいました(´∀`)

30分ほど休憩して、外に出ました。
私には気になって仕方ないモノが、この山小屋の外にあるからなのです( ´艸`)
それは・・・【山男サン】!!!
これを触りたくてこの山に来たと言っても過言ではないです。
c0144868_20581836.jpg

c0144868_2104291.jpg

版画家、畦地梅太郎氏の作品です。
その他、燕山荘の食堂内などでも、畦地さんの作品を観ることが出来、
山頂ミュージアムです(´∀`)
c0144868_2134740.jpg

山小屋には、他にも眺望を楽しみながらケーキセットやお酒などを楽しめるスペースや
ゆっくり本を読める部屋もあります。

天気は曇り空なのですが、やっぱりまだ到達していない山頂が気になって、
写真を撮りに少し歩きました。
だんだん近づいていって・・・結局初日に登頂してしまいました☆
c0144868_21164580.jpg

【イルカ岩】↓↓↓
c0144868_21174440.jpg

c0144868_21185055.jpg

【めがね岩】↓↓↓
c0144868_21195738.jpg

c0144868_21211911.jpg

c0144868_21515271.jpg

今回の登山で、初めて【雷鳥】を見ることが出来ました(´∀`)♪
と山頂で喜んでいたら・・・
ポツポツ雨と雷が…( ̄▽ ̄;)キケン!!!
大慌てて、40分ほどかけて歩いてきた登山道を
また山小屋目指して戻りました( ̄▽ ̄;)
山小屋に、ほとんどの荷物を置いてきてしまったので、かなり早歩き。
ちなみに、燕岳から燕山荘方面はこのような眺めです。
c0144868_2130553.jpg

c0144868_2133573.jpg

大降りになる前に戻れました。
夕食は3部制で、私は真ん中の18時からでした。
柔らかいチーズハンバーグ・煮魚などなど、
本当に美味しくて驚きでした(´∀`)!!!
山小屋オーナーの北アルプスや自然についてのお話はとても興味深いもので為になり、
アルプホルンの演奏もあって良かったです☆
山小屋グッツやTシャツも豊富にあって買い物も楽しいです。
c0144868_21363227.jpg

c0144868_21371927.jpg

c0144868_21393882.jpg

外は大雨と雷。
明日はちゃんと晴れるかな。
c0144868_21421553.jpg

同室になった女の子と色々山話などしながら、21時消灯しました。
↓↓↓
翌日のtsubakurodake【2】へ続く。
[PR]

by handcraft-ann | 2013-08-16 21:42 | お山  

mizugakiyama.

今回目指したのはここ!
日本百名山の一つ、【瑞牆山(みずがきやま)】です(´∀`)
c0144868_0342325.jpg

登山口から少しの間は、気持ち良い緩やかな道が続きます(´∀`)
が、間もなく傾斜もキツくなり、岩が大きくなっていきます( ̄▽ ̄;)
c0144868_0383598.jpg

木々の間から凛とした瑞牆山が見えてきました☆
あのてっぺんを目指します(´∀`)
c0144868_041534.jpg

休憩を取りながら1時間後、ようやく【富士見平小屋】に到着。
テント場も賑わっておりました♪
ガスがかかっていなければ、富士山もはっきり見えたかな。。。
c0144868_0442454.jpg

c0144868_0453356.jpg

c0144868_0462542.jpg

c0144868_0471467.jpg

富士見平小屋を過ぎると、
【天鳥川】へ向けて、もったいない程に下降して行きます( ̄▽ ̄;)
しかしその道が少しひんやりしていて、とても心地良いのでした。

しばらく行くと、【桃太郎岩】が現れます。
私がどこにいるか分かりますか?
c0144868_0534217.jpg

棒の支えがあちこちにあります(笑)
c0144868_0571711.jpg

【桃太郎岩】の次は、これまた迫力ある【大ヤスリ岩】の登場です。
このあたりから山頂までは、腰の高さ程もある岩がゴロゴロしていて、
緩やかな場所を探そうと迂回しても、どこも険しい岩場です。
c0144868_144380.jpg

c0144868_135163.jpg

山頂直下、出ました!!!見事なアイスバーン!!!
巨大な岩も氷でコーティングされています。
今回のお目当てであるアイゼンデビュー到来です!!!
アイゼンは想像していたより遥かに歩きやすく、ガッツリ氷に刺さり、
信じられないほど快適に進みました(´∀`)♪♪♪
下山する人からの情報や周囲の人々たちとの連携プレーで
最後の急登アイスバーンを楽しく超え、
山頂に着く頃には、皆でワイワイ仲良くなっておりました。楽しかったです(´∀`)☆☆☆
山頂は断崖絶壁(;´Д`A
怖いのですが絶景を覗きたいので、寝そべり気味でカメラを構えます(;´Д`A
c0144868_114644.jpg

c0144868_2122852.jpg

c0144868_1151444.jpg

c0144868_116272.jpg

c0144868_172383.jpg

そろそろ下山の準備にかかろうとしたところで、
あれ?Annさんに似てるけど違う?と声をかけられて・・・
お相手がサングラスだったので私も気付かなかったのですが、
なんとなんとお山の師匠~(*゚▽゚*)
蓼科山山頂で出会った方と、今度は偶然にも瑞牆山山頂で!!!!!!!!!
いや~驚きました。嬉しかったです☆
師匠からアイゼンの下山時の注意点を教えていただき、
一度も転ぶことなく、アイスバーンをクリア出来ましたm(__)m
そんな師匠は、アイゼンなしでしたヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ

同じ道を下って再び【富士見平小屋】。
今日は暑く、ちょうど1リットルを飲み切ってしまうところだったので、
ここの水場で冷たい湧水を汲ませていただき残り40分頑張ります。
c0144868_1314293.jpg

今回は下山後もそこそこ体調が良かったのと、
たまにはゆっくりして帰ろうかな、ということで、楽しみをあと2つ(´∀`)

登山口にあります【瑞牆山荘】は、カフェ&レストラン【モンターニュ】を併設しており、
手ごねハンバーグとオリジナルカレーがとても気になっておりました。
本日はかなり早めのお夕飯で、手ごねハンバーグを食べて帰ることにしました。
肉汁たっぷり~もの凄く美味しいです(*´∀`*)
c0144868_12275967.jpg

そして増富ラジウム温泉郷に寄り、ゆったり温泉に浸かってから
ノンストップで帰宅したのでした(´∀`)
12125歩。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【瑞牆山:2,230m】
7:15瑞牆山荘発→8:15富士見平小屋着→10:55瑞牆山山頂着
11:45下山開始→12:14大ヤスリ岩→13:00桃太郎岩→14:00富士見平小屋(水場)→
14:35瑞牆山荘着
(※休憩含む)
[PR]

by handcraft-ann | 2013-04-29 23:59 | お山  

hinatayama.

北杜市の日向山に行ってきました(´∀`)

実は2日前、腰痛で接骨院にいったのですが(>_<)
だいぶ良くなったので、ストレッチ兼ねてのハイキングです。

が、そもそもの寝不足などもあり
歩き初めて20分。何だか気持ち悪くなってきた(´⊙艸⊙`;)
時間はかかってしまいましたが、たっぷり休憩を取りながら、
無事登頂しました☆
何かの穴↓
c0144868_1325994.jpg

三角点(山頂)。展望なし。
c0144868_134729.jpg

三角点から少し離れた雁ヶ原にある山頂標識
c0144868_1354747.jpg

山頂の西にある、この雁ヶ原と呼ばれる花崗岩が露出したザレ場を楽しみに、
雪解けを待っておりました(´∀`)♪♪♪
今日はTシャツ重ね着程度で十分なほど山頂もあたたかく、
たっぷりの休憩を堪能しました☆
よく滑るので注意が必要。
c0144868_1414313.jpg

ヤッホーーー(´∀`)♪♪♪
c0144868_1424043.jpg

c0144868_1433348.jpg

c0144868_14423100.jpg

c0144868_1451074.jpg

c0144868_146441.jpg

天空ビーチをサクサク下るのは気持ち良いです(´∀`)♪♪♪
c0144868_147755.jpg

c0144868_149667.jpg

c0144868_1495245.jpg

c0144868_1503853.jpg

山頂ピストンではなく、周遊コースを選んだので、
行きの整備の行き届いた道ではなく、帰りは砂地が終わると根っこコース。
時々鎖・ロープ・はしごがありましたが、特に問題はありません。
c0144868_1565314.jpg

c0144868_1574174.jpg

一気に下山すると、その先には「錦滝」があります。
特に上部の流れの美しさに感動。
飲んで良いのかわかりませんが、あまりに綺麗だったので飲んでみました。
硬いっ!と感じましたが、実際はどうなのでしょうか。。。???
c0144868_1584696.jpg

c0144868_2523688.jpg

錦滝から駐車場までの道はアップダウンのない林道。
台風の影響で未だ手付かずの状態ですが歩き難さはなかったです。落石注意ですね。
c0144868_2202814.jpg

今回のコースは、ずっとこの山を眺めながら歩きました。
遠くから見てもわかる、ピカピカしていて凄まじいアイスバーン、
まだまだ残雪たっぷりで勇ましすぎる(*゚▽゚*)
帰宅して調べたら、やっぱり甲斐駒ヶ岳!!!
今年の目標の山です。
こんなにも勇ましい山だとは知らなかったので、
ちょっと先送りにするかもしれません(;´д`)
八ヶ岳連峰も凄かったです(;´д`)
11959歩。
c0144868_2212453.jpg

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【日向山:標高1660M】
6:00自宅発→8:45矢立石駐車場→10:45三角点→10:55(雁ヶ原)→お昼休憩→
12:40下山開始→13:40錦滝(20分休憩)→14:38矢立石駐車場着→少し下って車へ。
[PR]

by handcraft-ann | 2013-04-04 23:59 | お山  

teppouginoatama→takazasuyama.

新春初登り(´∀`)
鉄砲木ノ頭(明神山)よりヤッホーです☆
山中湖交流プラザに駐車。そこから歩きました。
踏み固められた道は、とても歩きやすい。
パノラマ台という所まで車で行ってしまえば、
鉄砲木ノ頭(明神山)までは30分程度のハイク。素晴らしい眺めです(´∀`)
c0144868_173095.jpg

c0144868_1114966.jpg

c0144868_1124247.jpg

広々とした山頂には山中諏訪神社奥宮が祀られております。
c0144868_1151975.jpg

c0144868_116059.jpg

そのまま来た道を帰っても良かったのですが、
もう少し歩きたいな~と思い、そのまま高指山方面へ向かいました。
鉄砲木ノ頭山頂からは、またいつくかの方面をチョイスすることも出来るし、
私が向かった高指山方面では、途中エスケープルートも数ヶ所あるので、
天候や体調によって無理なく進めます(*´ω`*)
c0144868_1204034.jpg

高指山へ向かう道は、雑木林がとても美しいです。
こちらは少し雪が深かったので、ずぼっ( ̄▽ ̄;)!と膝くらいまでハマったりもしましたが、
雪景色は楽しいものです☆
c0144868_1243777.jpg

c0144868_1251426.jpg

アブラチャン?ユニークな名前です☆
気の抜けた感じもステキ。
c0144868_1262923.jpg

そして遂に、高指山到着(*´ω`*)
これまた静寂の中、富士山と山中湖が贅沢でした♥
雪をあたため、その湯で下山時用の紅茶を作る。
溶かしている間に、絶景を撮影ですね(´∀`)
17424歩。
c0144868_1281859.jpg

c0144868_1585366.jpg

c0144868_1294591.jpg


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【鉄砲木ノ頭(明神山)1291m】
【高指山1174m】

9:50山中湖交流プラザP着
10:10三国山ハイキングコース入口スタート→10:30パノラマ台着(休憩・撮影)→10:50出発→
11:25鉄砲木ノ頭(明神山)着(休憩・撮影)→11:50出発→13:40高指山着(休憩・撮影)→
14:20下山スタート(平野方面へ)→15:30山中湖交流プラザP着→15:45出発→17:00自宅着。
[PR]

by handcraft-ann | 2013-01-31 01:51 | お山  

ryugatake.

今年も僅か。
辰年の終わりにちなんで、
今年最後の山歩きを【竜ヶ岳】で締めくくりました(^-^)
以前竜ヶ岳の写真を拝見させていただいてから、
いつか行ってみたいと思っていました★

途中から青空ではなくなりましたが、
雲がなく、はっきりとした冬の富士山をとらえることが出来ました★
感謝です。

このコースは、途中からずっと雄大な富士山を眺めながら歩くことが出来、
また、お正月過ぎ頃にはダイアモンド富士が見られることから人気があるようです。
登山道には美しい霜柱、
開けた山頂からはダイナミックな富士山、
その反対側には、雪のたっぷり積もった迫力満点の八ヶ岳や北岳も見えました。

前回の十二ヶ岳でちょっと練習、
今回はそれより緩やかな竜ヶ岳で、いつもより少し荷物を増量しました。

初めて山頂へコッヘルを持参。
事前に煮込んでおいた野菜カレーと紅茶を堪能(^-^)/
最高でした♪♪♪

下山途中、森の中で大きな穴を見つけました。
近くまで覗きに行こうかと思いましたが、クマが出てきたりするといけないので、
遠目からにしました(^-^)
行かれる方、ぜひこの穴を探してみて下さい♪♪♪
11212歩。
c0144868_3144917.jpg

c0144868_3153433.jpg

c0144868_3161931.jpg

c0144868_317735.jpg

c0144868_3174792.jpg

c0144868_3191789.jpg

c0144868_320312.jpg

c0144868_3214038.jpg

c0144868_3205773.jpg


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【竜ヶ岳:1485m】
登山道入口標高:920m
高低差:565m
歩行距離:約7.8㎞
歩行時間:登り/2時間15分 下り/1時間15分

9:50本栖湖キャンプ場駐車場スタート→11:10石仏・あずまや着(休憩)→
12:05竜ヶ岳山頂着(お昼休憩)→12:50山頂発→14:05本栖湖キャンプ場駐車場着。
15:15帰宅。

※本栖湖キャンプ場付近までは通行可。その先は凍結注意で通行止めです。
※この日は暖かく、雪やアイスバーンもなくアイゼン不要でしたが、
  これからのシーズンは下山時のアイスバーンに注意が必要だと思います(要アイゼン)。
[PR]

by handcraft-ann | 2012-12-23 03:29 | お山  

kenashiyama→junigatake.

富士山周辺の天気はなかなかつかめず、
灰色の重い雲でどんより(-_-;)富士山も見えない(-_-;)
ひたすら苦手なジグザグの登りを休み休み進む。
毛無山山頂に到着して、そのまま下山しようかとも思いましたが、
それも何だか悔しいので、
その先にある十二ヶ岳を目指すことにしました。

一ヶ岳から十二ヶ岳の札を目標にしながら、小さなアップダウンを繰り返したり、
吊り橋、鎖、ロープの箇所を通過しながら変化を楽しめる(^-^)
途中、少しだけ雪が舞い、とても綺麗でした♪♪♪

十二ヶ岳山頂に着くと、ちょうど風も止み、
富士山に覆いかぶさっていた雲も去りました(^-^)/
山頂で出会った方々と食事をしながら山話。
富士山と西湖の眺望、最高でした(^-^*)
下山した後には、西湖に沈む夕日と赤富士が待っていました(^-^*)
16268歩。
c0144868_1022328.jpg

c0144868_1023045.jpg

c0144868_10234895.jpg

c0144868_1024383.jpg

c0144868_10264766.jpg

c0144868_10274830.jpg

c0144868_1028477.jpg

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【毛無山(1500m)→十二ヶ岳(1683m)】縦走コース
・登山口標高:920m
・高低差:763m
・歩行距離:5.7㎞
・歩行時間:登り/約3時間15分 下り/1時間30分

8:50毛無山登山口(西湖文化洞トンネル横)出発→10:50毛無山山頂到着(休憩)→
11:15毛無山山頂発→13:00十二ヶ岳山頂着(お昼休憩)→
13:45十二ヶ岳山頂発→桑留尾方面へ下り、のちの分岐で文化洞トンネル方面へ)→
15:30毛無山登山口(文化洞トンネル)着。
(※桑留尾バス停→文化洞トンネルバス停は、バスに乗らなくても、
徒歩でも十分に戻れる距離でした。)
[PR]

by handcraft-ann | 2012-12-02 10:47 | お山  

tateshinayama.

3週間ぶりのオフ。
蓼科山に向かいました。
早朝に登山口に着き仮眠する予定が、肝心な毛布を忘れ
凍え死にそうでした(T_T)
だいぶ陽が昇ってあたたかくなってから歩き始めました。

久々に木々の中を歩きました。
笹の小道がしばらく続いた後に、苔の世界が現れる。
空気が澄んで、木の香りがしました。
c0144868_11515399.jpg

c0144868_1156869.jpg

始めは霜でも降りたのかな?と思っていましたが・・・
いやいや、雪でした(゜o゜)!!!
この時期積もることはないそうですが、この日は積もった(゜o゜)!!!
望んでもなかった、雪山デビューとなりましたが、
これがまた美しく、かえって疲れを癒してくれました☆
c0144868_1214841.jpg

c0144868_1205367.jpg

ピラミダルな形をした山。
頂上に向かうほど傾斜がきつくなり、岩が大きくなりました(^-^)
c0144868_127169.jpg

c0144868_121457.jpg

頂上に近づき木々が減ると、下界に広がる紅葉が見えてきました★
c0144868_12161253.jpg

山荘の外で休憩し、先に頂上を目指しました。
いつもは頂上からの眺めを楽しむのですが、
この蓼科山は、それプラス山頂自体が奇観なのです!!!
100mあまりの丸い頂上一体がゴロゴロ岩で埋め尽くされていました(^-^)!!!
中央あたりに小さな鳥居と祠があるのがわかるでしょうか???
c0144868_12235922.jpg

c0144868_12244753.jpg

c0144868_13455553.jpg

山頂は霧も出ていて強風で寒かったので、
早々に将軍平の山荘まで下りてきました。
やまももティーと豚汁(^-^)/
登山客の方々と情報交換したり、ワイワイ食事をしてすっかり長居です(^-^)
c0144868_12295937.jpg

c0144868_12305788.jpg

下山は同じ清水から来た方々とワイワイ。
アイスバーンにさえ注意していれば大丈夫。下山はあっという間でした。
登山口の駐車場まで来ると、紅葉が広がっていました(^-^)
9674歩。
c0144868_12405584.jpg

c0144868_12414414.jpg


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【蓼科山:2530m】
登山口標高:1900m(7合目登山口より)
高低差:630m
歩行距離:片道2.4kmの往復

9:15登山スタート→天狗の路地経由→11:00将軍平(蓼科山荘)休憩→
11:45蓼科山頂&ヒュッテ到着→山頂散策→12:40下山スタート→
13:15将軍平・蓼科山荘到着、昼食休憩→14:20蓼科山荘発→15:25登山口着
16:20すずらんの湯着→17:30すずらんの湯発→八ヶ岳PA休憩→21:30帰宅
[PR]

by handcraft-ann | 2012-10-26 13:06 | お山  

houkendake.

c0144868_21101456.jpg

木曽駒ヶ岳山頂へ向かう途中、左手に現れるのが【宝剣岳】。
すぐ登れそうだし、帰りに寄ってみよう。
友達もオススメと言ってたし。
この時はまだ何も分かっていなかった。。。

c0144868_21124719.jpg

c0144868_21133654.jpg

初級者でも登れるけど、見た目以上になかなか岩場が激しいなぁ~。
鎖も徐々に多くなってきたなぁ・・・あれ・・・
でもこれでようやく頂上かな~

と思ったら・・・
その岩の真後ろに、最難関の鎖場が待ちかまえていた(*_*)
あと5mほどで宝剣岳山頂。だけど、この僅かな距離の、足場は幅10センチほど。
うっかり鎖から手を離せば、谷底へさようならの場所でした(T_T)

そこそこ頑張る方ですが、
これはいかん、限界を超えている・・・と判断、
あと数メートルの難関を前にリタイアして、来た道を下り始めました。

そこへ下から4人組さんが登って来て、少々その場で話を。
みんなで行きましょう!そしたら登れるはず!って(@_@;)

もう十分満足したので、私は諦めて下ります、と言ったのですが
相手さんの強い押しがあり…
再度、難関の崖っぷち鎖場に向い、登り始めました。

既に皆は、荷物を下の山小屋に預けて来たとのことで、身一つ。
私は大きなリュックを背負ったまま来てしまったので(・・;)・・・

岩の隙間にリュックを放って、身一つに。
滑る手袋も外し、素手で行くことにしました。
下を見たら、絶対に動けなくなるので、鎖を握りしめ一気に行きました(>_<)

登頂成功。人一人立つのが精いっぱいの最後の最後の岩場には、
さすがに行きませんでしたが、宝剣岳もみんなの励ましがあり登れてしまいました。
本当に感謝です★
私たちがいる周囲は、断崖絶壁。あ~恐かった(*_*)高所恐怖症ですから。
c0144868_2136514.jpg

c0144868_2295962.jpg

c0144868_2135495.jpg

c0144868_21374666.jpg

(↓これは私が撮影したものではないですが、私が撮れなかった鎖場シーンが・・・笑)
http://www.youtube.com/watch?v=05T4h8qrXA4&feature=endscreen&NR=1
山頂で皆とお別れして、またあの恐るべしの鎖場を慎重に、
且つ一気に通過して下山しました。

c0144868_21415192.jpg

c0144868_21424161.jpg

帰り道は遠回りになるけど、お花畑を通過して、剣ヶ池を経由して歩くことにしました。
が、池に水が一滴もない(T_T)。。。
雪解けの時にしか出来ない池なのね。。。知らなかった。。。かなり遠回りした上に、
辛い登りを行く羽目になってしまいました(*_*)

c0144868_21544888.jpg

画像左側の一番高い所が、
青い服の男性が立っていた岩場、宝剣岳です。

予定よりだいぶ寄り道をして、夕方のロープーウェイで下山。
そこからバスに乗りました。

そうしたらなんと(゜o゜)!!!
宝剣岳の山頂を共にした方々が後部席にいて、
真ん中に交ぜていただき、一緒に帰ってきました。
途中、30匹ほどのおさるの集団にも遭遇し、一時バスが進めなくなったり、
色々ありましたが、とても楽しい木曽駒ヶ岳&宝剣岳登山となりました(^-^)/
10047歩。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【木曽駒ヶ岳:2956m】+【宝剣岳:2931m】+剣ヶ池経由ルート

7:12菅ノ台バスセンター発→7:50しらび平駅(ロープーウェイ)着→
8:00しらび平駅発→8:10千畳駅着。
8:40千畳敷カールより登山スタート→9:40乗越浄土着→10:15中岳着→
10:50木曽駒ヶ岳山頂着→休憩→11:50木曽駒ヶ岳山頂発→12:15中岳通過→
宝剣山荘にて休憩→

12:30宝剣岳登山スタート→13:45宝剣岳山頂着→休憩→14:10宝剣岳山頂発→
14:25乗越浄土着→15:10お花畑通過、剣ヶ池経由→15:30千畳敷カール着→休憩→
17:00千畳敷駅発→17:08しらび平駅着→17:10しらび平駅発→17:40菅ノ台バスセンター着

17:50こまくさの湯でお風呂&食事→18:30こまくさの湯発→21:45自宅着
[PR]

by handcraft-ann | 2012-09-28 22:05 | お山  

kisokomagatake.

c0144868_1482420.jpg

山登りに向かって、晴天の空を拝めると、
山の神様、今日もアリガトーーー!と感謝する。

ロープーウェイで日本一高所にある駅に到着。
すると目の前には“千畳敷カール”と呼ばれる絶景が広がる。
この千畳敷カールを1時間かけて登りきる。

c0144868_15322685.jpg

c0144868_1561882.jpg

c0144868_15205289.jpg

c0144868_14132747.jpg

すると、白くなだらかな道となり、さてさて目指すは木曽駒ヶ岳。
せっかく登って来たのに、なんと思いきり下り、そしてまた思いきり登る(゜o゜)!
しかも目の前にある頂(ここは中岳)ではなくて、
更にもう一つ奥にある頂が木曽駒ヶ岳だと知る(*_*)
富士山の元祖七合目で味わった気分(^-^;)
でも景色は最高、ぼちぼち行きます。

c0144868_14241644.jpg

c0144868_1425821.jpg

c0144868_15122261.jpg

c0144868_14334678.jpg

千畳敷カールから約2時間、木曽駒ヶ岳山頂(^-^)
乗鞍岳・御嶽山・北アルプスの山々、そして富士山などが見えます♪
槍ヶ岳らしき尖がりも分かりました♪
山頂でのおにぎりは美味しい。眺めも最高!
神社の真横に、畳1~2畳ほどの小さな山頂小屋(売店)。
そこでの会話も楽しい(^-^)♪
山頂で記念写真を撮ったら…
たまたま横に写り込んだ男性と同じポージングとなっておりました(゜o゜)

ここまでは予定通り問題なく順調に来ました。
さてさて、

駒ケ岳を後にし・・・そして時間があるので、ちょっと寄り道しようかな・・・で向った【宝剣岳】。
ここからが恐ろしいコトに…(@_@;)
後半の【宝剣岳】へ続く。。。
[PR]

by handcraft-ann | 2012-09-28 14:49 | お山  

shade.

c0144868_0412621.jpg

影の画像は、おみあしが何倍増しにもなるので好きです(笑)
遠い涼しい所に行きたいな。。。(^-^)
c0144868_0435620.jpg

高山植物の「イワオトギリソウ」です。
その昔、秘密にしていた薬草の名を弟が漏らし、
それに激怒した兄が、弟をきってしまった、という中国の言い伝えがあるそうです。
「弟切草」。

花だけでなく、葉っぱがとても可愛いのが印象的ですが(^-^;)

植物の名前をなかなか覚えられない私ですが、
このような言い伝えを知ると、すっと入ってきます★
[PR]

by handcraft-ann | 2012-09-09 00:52 | お山